毛糸とおネコさま

寒空の下でバス待ちの間、本を読むための
指の先っちょが開いてるミトンを欲するあまり、
近場に売ってないので仕方なく自給するべく、
十数年ブリに編み物になぞ精を出してみたりしたアルジ。

毛糸玉の側にはニャンコ…ああ、憧れの構図がついに…

…そして、サザエさんチのタマの例に漏れず、毛糸玉にじゃれる猊下…

e0019594_23292679.jpg
シカシ「毛糸玉にじゃれる」図は、当然のようにブレブレなのでアリマシタ…

e0019594_2331031.jpg
ちょっとは静止してクダサイヨ、猊下…

ムチャゆわないにゃん!
でもコレ、
すごくオモシロイにゃん〜v


e0019594_23323645.jpg
たかが毛糸なんですがねぇ…

e0019594_23331379.jpg
されどケイトなんだにゃん…
このオモシロサはニンゲンになんかわかんないにゃん。


まぁ、浮世絵にも描かれたりするくらいだから、
古今東西、猫には楽しいアイテムなんでしょう…




でも、その割にチビは興味示さないんだよな〜…
チビはコドモだからツウのオモシロサがわからないんだにゃん〜
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
[PR]

by soldiercat | 2008-01-30 23:22 | アッシュ日記